2018/06/04 18:34

乾電池式のETC車載器をご存知でしょうか?


本来、車やバイクのバッテリーから電源をとってきて動作させるETC車載器を乾電池でも動かせるようにしたものです。


ETC車載器は12v~24vの電圧があれば動作するので、9v乾電池を2個つなげるか、あるいは単三電池を8個で動作させることができます。


【乾電池式ETCはメリットが豊富】

乾電池式ETCを使用することでのメリットは大きく4つあります。
では早速紹介していきたいと思います。

【メリット①:バイクを乗り換えても使える】

複数バイクを所有している方にはETC車載器を1台ごとにセットアップするのはかなりコストが掛かります。


また、バイクを乗り換える方にとっても、一度通常セットアップされたETC車載器は乗り換えの際、基本的には一緒に売ることになるか、あるいは再セットアップが必要です。


しかし、乾電池式ETCなら何台乗り換えても、使いまわしても、知人や友人のバイクを乗った際もETC割引が利きます。

【メリット②:コスト削減できる】

まずバイクETC車載器は自分で取り付けセットアップすることができません。


バイク屋に行き、必ずセットアップしてもらわないといけないのです。


なぜなら、普通自動車と違いETC車載器の取り付け場所が、、、


◆普通自動車→内部
◆バイク→外部


ですが、なぜバイクは自分でETC車載器を取り付けることが出来ないのかというと、外部に晒されているので雨風や振動を受けやすいため、故障を回避するためにも決められたバイク屋でセットアップ、取り付けが義務付けられています。


バイク屋で頼まざるを得ないのですが、通常のセットアップ、取り付けの費用を例に見てみましょう。


では、バイク用品店の”2りんかん”を例にしてみます。


◆本体価格:¥19,980
◆セットアップ料金:¥2,700
◆取付料金:¥12,000


一例ですが、合計金額:¥34,680もかかります。


これにプラス@、取り付けステーなどの購入を考えると出費はかさみます。


これに対して、当ショップで販売している乾電池式ETCであれば、¥15,000程度で済みます。

【メリット③:盗難防止】

上述の通りバイク用のETC車載器は高額な上、外部に晒されているので盗まれる可能性があります。


それに対して、当ショップの乾電池式ETC車載器は持ち運ぶことを前提にカスタマイズしておりますので、盗まれる心配はありません。

【メリット④:ETC割引が利く】

バイクETC車載器は上記でも説明した通り通常の取り付けですと、コストがかなりかかり、お持ちでない方も多いはずです。


しかしETC割引を受けることはかなりお得です。


地方ではETCのみ高速料金無料の区間があったり、休日に高速に乗ると3割引きになったりと他にも割引の条件はいろいろあります。


バイク用ETC車載器を持っている持っていないでは、金銭的な部分で大きく変わってきます。

【最後に】

乾電池式のETC車載器が存在していることを知らなかった方も多いはずですが、ぜひ一度、商品をチェックしてみて頂ければ幸いです。